コンセプト

 

 

■結遊館について

心とからだに沁みる体験

土とつながる食卓 人とつながる暮らし 自然とつながる感性

食の安全、遊ぶ環境、人とつながって暮らすことなど、子どもが育つために必要だと思われる当たり前のことが、都市部ではなかなか難しくなってきました。Webや机の上だけでは得られない「五感で感じること」、子どもにとってとても大切なことを、本物の自然と人と向き合って暮らすことで学ぶことができると私たちは考えます。山村留学センター結遊館では、子どもたちは共同生活しながら北川小学校に通い、休日には仲間といっしょに畑を耕し、思いきり遊び、達人に学んで暮らします。この北川小学校の山村留学制度は1991年(結遊館設立は1999年)に地域が支援する取り組みとして始まり、今では地域を元気にするためになくてはならない存在となりました。2017年3月に北川小学校は休校となりましたが、10km下流域の木頭小学校で山村留学制度は引き継がれました。