つくる人の健康と食べる人の健康

ゆずとりの季節がもうすぐ終わります。

ゆずもバナナもたまごもお米も日常雑貨も家も電気も水道も車も・・・みんな天然資源を使って作ってくれる人がいて、それを使う人・買ってくれる人がいます。それで栄養や便利やお金が回っています。

しかし、製造過程で営利を優先するがあまり、作る人にも食べる(使う)人にも良くない状況を生んでしまっているシステムが現存します。「欲はかかれん」と木頭のじいやばあはよく言います。結局、まわりまわって欲をかいた人にも跳ね返ってくるのです。

つくる喜びと食べる・使う喜びが循環する地域社会を考えていかないとこれからの未来はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です