移動ゆうゆう館で学んだ

羽釜で炊いたご飯も大成功。「昔は釜に残ったお米も全部食べた、水でにごして米粒集めて、その水も捨てんと牛の餌に稲わら刻んで入れて炊いたもんじゃ」。一粒一粒集めるばあちゃんの姿が子どもたちには何気なく、でもしっかりと心に刻まれる

*移動ゆうゆう館は 、木頭協力隊(植木弥生さんと川島龍介さん)が企画・実施。